外壁塗装について

外壁塗装の重要性

外壁塗装の重要性

そもそも何のために
塗装をするんだろう?

  • キレイにする キレイにする

    新築時のような美しさを取り戻せて、これまでと異なる色の塗料を選べば、イメージチェンジが出来ます。

  • 守る 守る

    塗装には、家の内部に浸入する水を防いだり、紫外線などの外部環境から家を守ります。

  • 機能性を付加する 機能性を付加する

    「防水」「防カビ」「遮熱」「断熱」「防音」「低汚染」「セルフクリーニング」など、様々。

塗装をすることで、
家の寿命を延ばせます

壁から雨漏りする前に!

「ヒビはあるけど目立った被害は出てないから大丈夫」
そう思っている方も多いのではないでしょうか。
実は目に見える被害がなくても、雨がヒビから壁内部に侵入しているケースがとても多いんです。

雨水が壁の中に入ると
どんな影響が・・?
壁に侵入した雨水は防水シートによって壁内部への侵入を防いでいますが年月が経つにつれてその効果は薄れていきます。
そして防水シートで水を防ぎきれなくなると水が内部に侵入し断熱材や木材、コンクリート部分が劣化していき、壁からの雨漏りという目で見えるかたちで被害を知ることになるのです。
つまり壁から
雨漏りしている時には
壁内部が腐食している
可能性のある
危ないサインです!
そうなる前に
定期的に塗装を行って
住まいを守りましょう。

外壁塗装のタイミング

屋根塗装のタイミング

家からのSOSにあなたは気づいていますか?

危険度 低

下に行くほど危険度が高くなります!
色あせ

色あせ

急を要する状態ではありませんが、お早めに塗り替えを行なうことで、コストの低減にも繋がります。

壁を触ると手に粉がつく(チョーキング現象)

壁を触ると手に粉がつく
(チョーキング現象)

塗装劣化の初期症状。 今すぐ塗り替えが必要というタイミングではありませんが塗り替えの準備をオススメいたします。

カビ・藻

カビ・藻

湿気を帯び、カビや藻などが発生している場合、塗装による防水効果が失われている可能性がある為、お早めに塗装状態の診断を!

シロアリ駆除が
必要になるかも…

ひび割れ・亀裂

ひび割れ・亀裂

この部分から雨水などが建物内部に侵入してしまい、雨漏りや内部の腐食に繋がります。早めに対処することで被害も費用も抑えられます。

断熱材料補修工事が
必要になるかも…

剥がれ・剥離

剥がれ・剥離

外壁の下地が剥き出しになっており、雨水や湿気がダイレクトに伝わってしまいます。放っておくと建材の腐食を招いてしまうため注意が必要です。

基礎補修工事が
必要になるかも…

塗装から8~10年経過

塗装から8~10年経過

前回の塗装工事から塗料にもよりますが8年~10年が経過した場合、本来の性能を失ってしまっている可能性が高い為、塗装を検討いただくことをオススメします。

危険度 高

外壁塗装の石井は
施工に入るまでは
すべて無料です!
もちろんまだ
塗装する必要がなければ、
その旨をしっかり
お伝えいたします。